Menu

Leica CV5030 全自動ガラス製カバースリッパー

Leica CV5030の完全に自動化されたガラス製カバースリッパーは、卓越した光学的性能で安定的なスライドの長期保存を可能にします。

多種多様なサプライヤーが取り扱うさまざまなスライドラックを利用することができるため、Leica CV5030は非常に柔軟性に優れています。キシレンフリーの品種を含む、最も一般的な封入剤を使用できます。

オペレーターは、湿式または乾式カバースリップを選択できます。CV5030の性能により、次の3つの目標が達成されます:一貫性と信頼性に優れたカバースリッピング品質、個々の検査室のセットアップへの完全な適応、染色/カバースリップワークステーションへの統合による完全に自動化された使いやすいオペレーションシステムの構築。

構成の選択

特徴

Leica CV5030 全自動ガラスカバースリッパーの機能

ユーザーフレンドリーな操作

スタンドアロンで使用することも、LeicaST5010またはST5020染色装置とインターフェース接続して使用することもでき、ユーザーフレンドリーな操作が可能です。

1時間あたり300枚のカバースリップを作製

さまざまなサイズの標準顕微鏡スライドとガラスカバースリップを使用して、1時間あたり300枚の割合でカバースリップを作製し、検査室の生産性と効率を向上させます。

オープンシステム設計

オープンシステム設計により、幅広い種類の封入剤を使用し高度な柔軟性を実現することが可能です。

柔軟性の向上

CV5030 は、組織学や細胞診などのさまざまな目的に応じて同時に使用できるため、柔軟性を向上させます。

ヒューム抽出システム

活性炭フィルター付きの一体型ヒューム抽出システムで空気中キシレンまたはキシレン代替品の濃度を下げることにより、検査室スタッフにとって危険なヒュームへの暴露を低減します。

仕様

Leica CV5030 (新)全自動ガラスカバースリッパー

幅: 420 mm(14.27インチ)
奥行き: 600 mm(23.62インチ)
高さ: 550 mm(21.65インチ)
重量: 57 kg(125.5ポンド)
スライドの処理: スライド1枚につき9秒以内
封入剤ボトル容量: 250 mL
最大充填量: 200 mL
相対湿度: 最大80%、結露なきこと

ドキュメント

ドキュメント

Acceptance and Specifications

(PDF)
(PDF)

製品カタログ

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

保証書

(PDF)

"設置要件

(PDF)

Material Safety Data Sheets

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

取扱説明書

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

構成

構成

以下のオプションを選択し、上のお問い合わせリンクを使用して、選択した見積り依頼を送信してください。

構成 1(149CVTS5025)

  • Leica CV5030 - ロボットカバースリッパー 100-250 VAC / 50-60 Hz - 自動ワークステーションとしてLeica ST5020マルチステイナーと併用する搬送ステーションTS5025に接続した構成
  • ハイスループットガラスカバースリッパー、スライドあたり9秒のスピード。
  • 占有スペースが最小化されたコンパクトなベンチトップユニットは、22~24 mm x 40~60 mmのさまざまなサイズの高品質標準カバースリップに対応します。

構成 2(149CVTS5015)

  • Leica CV5030 - ロボットカバースリッパー 100-250 VAC / 50-60 Hz - 自動ワークステーションとしてLeica ST5010自動染色装置XLと併用する搬送ステーションTS5015に接続した構成
  • ハイスループットガラスカバースリッパー、スライドあたり9秒のスピード。
  • 占有スペースが最小化されたコンパクトなベンチトップユニットは、22~24 mm x 40~60 mmのさまざまなサイズの高品質標準カバースリップに対応します。