Skip to main content
Tissue Processors

ティシュプロセッサー

迅速な処理、実証済みの品質

生検、手術標本、あるいは脂肪組織の検体など、組織によってその処理方法は異なります。拡張可能なシングルまたはデュアルレトルトプロセッサーにより、検査のスピードを保ちつつ、各検体に対して最適化された処理を可能にします。

思い通りのワークフロー 

検査室では、一日たりとも同じ日はありません。  短いサイクル時間と柔軟な処理プロトコルにより、お客様の検査室の日々の要求を満たすワークフローを確立し、適応させます。  内蔵のインテリジェント・オートメーションは、ユーザーエラーを低減し、効率性と生産性を最大限に高めます。 

 

HistoCore PELORIS 3 プレミアムティシュプロセッサー 

このハイスループットデュアルレトルトシステムは、並行プロトコルを実行する柔軟性を提供し、各生検、大きな検体、または脂肪組織に対して最適な処理条件を提供します。トラック&トレース機能により、包括的なデータキャプチャとレポートの提供が可能です。大容量(600~1800ブロック/日) 

詳細情報

HistoCore PEGASUS Plusティッシュプロセッサー

Track. Trace. Capture - Gain high confidence in your results

詳細情報

HistoCore PEGASUSティッシュプロセッサー

並行処理 - 組織品質に妥協を許しません

詳細情報

ASP6025 S  

検体の質、ユーザーの安全性、および効率の改善には、最適化された試薬交換ワークフローを備えたASP6025 Sティッシュプロセッサーをお選びください。中容量(200~600ブロック/日) 

詳細情報

Leica ASP300S 

Leica ASP300 S ティッシュプロセッサーは、直感的なインターフェイスと「ワンボタン」操作で、中容量のワークロードをスマートに処理します。中容量(200~600ブロック/日) 

詳細情報

HistoCore PEARL 

200カセット容量で設置面積の小さい、コンパクトな HistoCore PEARL組織処理装置を使用して、検査室のスペースを最適化しましょう。 

詳細情報

Leica TP1020 

経済的でありつつ信頼性の高い装置をお探しの場合は、Leica TP1020半密閉型ロータリープロセッサーをお選びください。少容量(<200ブロック/日) 

詳細情報

組織処理用アクセサリおよび消耗品 

オンラインストアのカセット、試薬、パラフィンワックスで組織処理ソリューションを完成させましょう。 

詳細情報

教育資料 

検体前処理の手引き 

「組織処理」 とは、動物やヒトの組織を、固定から、適切な組織学的検査用ワックスで完全に浸潤し、包埋してミクロトームで切片作製の準備ができている状態にするまでに必要な手順のことです。 

詳細情報

脂肪組織の処理 

このウェビナーでは、試料の取り扱いプロセスのほか、脂肪組織の処理がなぜ特に困難なのか、また、脂肪組織の処理において質の高い技法を特定する方法について見ていきます。 

詳細情報

トラブルシューティングおよび処理困難なパラフィンブロックの再処理 

ブロックが切片化できない場合の対応:すべての病理組織検査室において、切片化が困難又は不可能なパラフィンブロックに遭遇することが時々あります。このダウンロード可能なドキュメントでは、切片が困難なブロックにおける最良の切片の取得方法、および基礎原因の繰返しを特定し回避する方法についてのガイダンスを提供します。 

詳細情報

トレーニング教材、トレンド情報、業界リーダーによる提言などをご覧ください。

Knowledge Pathway では、特集記事やチュートリアル、ウェビナー、ケーススタディ、各種インタビューも配信しています。
*The original content is in English. Please check with your region for availability of content in your local language.