Menu
  • バーコードスキャナーにより、検体の安全性とトレーサビリティを確保します。このスキャナーでバスケット ID、ユーザー ID、試薬のロット番号を読み取り、手作業による記録の手間をなく
  • LED バックライト付きの試薬ステーションと改良された試薬ラベルにより、液位と試薬の状態を簡単に視認することができます。
  • 直観的なユーザーインターフェースは、迅速・容易に操作でき、スムーズなワークフローナビゲーションを提供します。
  • クリーニングツールは使いやすい形状で、かつモニター後方に収容できるようになっているので紛失することがありません。
  • 特許取得のデュアルレトルト設計により、迅速処理モードでの同日診断を可能にし、検査室の生産性が向上します。
  • バーコードスキャナーにより、検体の安全性とトレーサビリティを確保します。このスキャナーでバスケット ID、ユーザー ID、試薬のロット番号を読み取り、手作業による記録の手間をなく
  • LED バックライト付きの試薬ステーションと改良された試薬ラベルにより、液位と試薬の状態を簡単に視認することができます。
  • 直観的なユーザーインターフェースは、迅速・容易に操作でき、スムーズなワークフローナビゲーションを提供します。
  • クリーニングツールは使いやすい形状で、かつモニター後方に収容できるようになっているので紛失することがありません。
  • 特許取得のデュアルレトルト設計により、迅速処理モードでの同日診断を可能にし、検査室の生産性が向上します。

HistoCore PELORIS 3 プレミアムティッシュプロセッサー

45.0001, 45.0005

どんなときでも安心して作業

ストレスフリーで検体処理が行えます。HistoCore PELORIS 3 を使用すれば、トラック&トレース機能により、自信をもって高品質の検体処理を行うことができ、検査室の高い基準を維持するのに役立ちます。検査室の生産性を最大化できるように設計されており、効率的で柔軟なワークフローを実現します。

  • バーコードスキャナーによるトラック&トレース機能で、誰がいつ何を行ったか記録を明確化します。
  • 2 つの比重計を内蔵することで、効率性が向上し、試薬交換時のミスを防ぐのに役立ちます。
  • 以下によりワークフローを効率化し、日々の作業の生産性を向上します:
    • デュアルレトルト設計: 大容量(最大 600 カセット)および迅速な処理能力
    • ActivFlo テクノロジー:処理を最大 60% 迅速化
    • 試薬管理システム: 年あたり平均 35000 US$ の節約になります

     

特徴

製品の特徴

トラック&トレース機能により担当者の説明責任を明確化

ユニークなトラック&トレース機能は、バスケット ID、ユーザー ID および試薬のロット番号を読み取るバーコードスキャナーを備えています。データは内蔵のレポーティングモジュールに取り込まれるため、手作業による記録を減らし、検査室内において誰がいつ何の作業を行ったのか明確にします。

Ensure User Accountability with Track and Trace
Avoid Disaster with Two Density Meters

比重計で不測の事態を防止

2 つの比重計を内蔵し、試薬交換時のミスを防ぎます。これらの比重計は、試薬交換を監視し、不適切な濃度であれば警告を発し、検体の完全性を確保します。その結果、試薬交換時のミスを大きく低減します。

検体処理を迅速化

同時に 2 つのプロトコルを実行することで、バイオプシー検体、大型検体ならびに高脂肪組織検体を含む検体処理を迅速化し、トータルでターンアラウンドタイムを短縮化します。さらに PELORIS 3 では、キシレンフリーの試薬を使用することができ、より健康面を配慮した検査室環境を実現します。

Process Tissue Faster
Better than Conventional or Microwave Systems

従来型システムやマイクロウェーブ処理よりも良好に

ActivFlo が、従来型の技術やマイクロウェーブ技術を越える性能を提供します。このユニークな ActivFlo は、試薬を渦流状に撹拌することで、迅速で均一な加熱と、能動的な試薬の循環による処理の迅速化を実現し、あらゆる組織向けに最適な処理条件を作り出します。

CEREBRO を組み合わせた検体トラッキング

バスケットのトラッキングは CEREBRO を組み合わせると、より正確に個々の検体トラッキングを行うことができます。個々の検体がどの処理段階にあるか、またその履歴を把握できます。これはまた、試薬の品質と検体の安全確保につながります。

直観的なユーザーインターフェースにより、すべてをスムーズに実行可能

ユーザーインターフェースがシームレスなワークフローナビゲーションを可能にします。直観的に操作できるため、すべての作業を容易に追跡したり、不具合のトラブルシューティングを行うことができ、また試薬およびプロトコル管理のためのメトリクスを提供します。

ユーザーフレンドリーな設計

PELORIS 3 は、扱いやすいように設計されています。まずバスケットのハンドルは、移動時の安定性を増すように形状を見直しました。また、レトルト蓋にはバスケットを安全に置くことができるツメが付いています。さらに、LED バックライト付き試薬ステーションにより、液位と試薬の状態を簡単に視認することができます。

検証済みの消耗品

PELORIS 3と検証済み消耗品との組み合わせ

PELORIS パラブロック™ パラフィンを用いて容易に作業

ライカ PELORIS パラブロックを使用すれば、ペレットがこぼれ出ることがなく、溶融パラフィンを搬送する必要もなくなります。樹脂モールドに予備成形されたパラブロックは、PELORIS 3 のパラフィン槽にセットしやすく、ペレットやフレーク状よりも迅速に溶融します。パラフィン槽に一度パラブロックを充填すれば、後でオペレーターがパラフィン量を確認しに戻って、パラフィンを継ぎ足したりする必要がありません。

Pair PELORIS 3 with Validated Parablocks
Leverage cassettes optimized for use with the PELORIS 3's ActivFlo technology

最適化されたカセットを用いて ActivFlo のメリットを最大限に引き出す

組織への試薬流量を増大させる横方向の通気孔付きの ActivFlo カセットをご用意しております。これらの 1 ピースタイプのカセットは、容易に取り出せるフタと、45 度の印字面で、印字ミス発生率を 1% 以下に抑えています。

以下のハイライトされたカセットのリストを参照:

仕様

製品仕様

操作

寸法(高さ x 幅 x 奥行き): 1500 × 857 × 721 mm
重量(乾燥状態): 331 kg
重量(試薬含む): 430 kg
作業面の高さ(床面から): 前部 – 1070 mm
後部 – 1110 mm
カセット収容数(標準プロトコル): 600(大容量)
528(大容量、仕切り付き)
カセット収容数(キシレンフリープロトコル): 432(間隔あり)
レトルト負圧(最大): - 70 kPa(g)
レトルト正圧(最大): + 45 kPa(g)
レトルト攪拌: マグネットスターラー(ユーザーが選択可能な操作)
試薬ボトル: 16
試薬量: 3.8 L~最大 5 L
パラフィンステーション数: 4(1 つのステーションで、1 つのレトルトを満杯にすることが可能)

電気

動作電圧: 100~120 V AC
220~240 V AC
動作電流(最大): 15 A(100~120 V AC)
10 A(220~240 V AC)
電源周波数: 50 - 60 Hz(100~120 V AC)
50 Hz(220~240 V AC)
消費電力: 1450 W(100~120 V AC)
2150 W(220~240 V AC)

環境(無包装状態の装置)

最高周囲温度: 35°C
最低周囲温度: 5°C
湿度(結露なきこと): 10~80% 相対湿度
高度: 海抜 0~2000 m
音圧レベル出力(1 m 位置): < 65 dB
最大加熱エネルギー出力: 1450 W(100~120 V AC)
2150 W(220~240 V AC)

搬送および保管(梱包状態の装置)

保管温度: –40~76°C
保管湿度(結露なきこと): 10~95% 相対湿度
輸送方法: 陸路および航空貨物に対応
相当する高度: 海抜 < 4570 m(飛行機の与圧レベル)

資料

資料

Click on a hotspot to get a detailed explanation of the respective feature of the HistoCore Peloris 3
01Peloris 3 – Next generation advanced tissue processing
02LED Backlit Bottles enhances visibility
03New Basket integrated handle for greater stability
04Track and Trace for specimen safety, user accountability
05Reporting Module with intuitive graphic user interface
06Density meters reduce errors in reagent exchanges
07ActivFlo Cassettes accelerates processing
08Dual Retort run multiple protocols at the same time
09Continuous Parallel Processing drives throughput
10Reagent Management System optimizes reagent usage
11Convenient Tools for shorter cleaning time
12Leica PELORIS Parablocks fit right into the paraffin chamber
Back to map
  1. Peloris 3 – Next generation advanced tissue processing
  2. LED Backlit Bottles enhances visibility
  3. New Basket integrated handle for greater stability
  4. Track and Trace for specimen safety, user accountability
  5. Reporting Module with intuitive graphic user interface
  6. Density meters reduce errors in reagent exchanges
  1. ActivFlo Cassettes accelerates processing
  2. Dual Retort run multiple protocols at the same time
  3. Continuous Parallel Processing drives throughput
  4. Reagent Management System optimizes reagent usage
  5. Convenient Tools for shorter cleaning time
  6. Leica PELORIS Parablocks fit right into the paraffin chamber

HistoCore PELORIS 3

ホワイトペーパー

Peloris™ デュアルレトルト高速ティッシュプロセッサーを用いた中枢神経系の組織のキシレンフリー処理の評価

Geoffrey Rolls
ホワイトペーパーへ

Peloris™ デュアルレトルトティッシュプロセッサーでの大型試料の高速処理

Geoffrey Rolls
ホワイトペーパーへ

ライカ マイクロシステムズのスコアリングシステムを用いたティッシュプロセッサーの品質および Peloris™ の性能の評価

Geoffrey Rolls、Neville Farmer、Fiona Tarbet
ホワイトペーパーへ

ケーススタディ

ブロンソン メソジスト病院:ライカPELORISティッシュプロセッサーでのキシレンフリー処理を検証するシステマチックなアプローチ

ブロンソン メソジスト病院
ケーススタディへ

ライカ PELORIS デュアルレトルト高速プロセッサーの評価

William Parks、カナダ・オタワ病院、病理検査室、担当技師
ケーススタディへ

If we get this second HistoCore PELORIS 3 processor, we can achieve a turnaround time in 24 hours – we can expand our services.

Bradley H. Johnson H.T.(ASCP), Supervisor, Histology Department, South Bend Medical Foundation
Go to case study