Skip to main content

CEREBROサンプル追跡・ワークフロー管理システム

組織学および細胞学の分野で優れたオペレーショナル・エクセレンスを達成することができます。

CEREBROは、患者の安全性、生産性、柔軟性など、APラボの個々のニーズに合わせて設計された、包括的な追跡およびワークフロー管理ソリューションです。すべてのラボが異なるため

患者の安全性

CEREBROでは、項目IDをスキャンするとケースの詳細が能動的に検証されます。各ステップでCEREBROは、項目と患者間のリンクを確認し、見落とされている項目がないことを確認し、タスクが正しく完了していることを確認します。

生産性の向上

検査室は、管理レポート用のデータ収集、冗長なデータ入力、再ラベル付け、手動のログ管理など、付加価値のないタスクに年間で数千時間を費やすことがあります。CEREBROを使えば、これらのタスクを合理化し、さらには実質的に排除することができます。

柔軟性の向上

CEREBROは、検査室の標準ワークフローと非標準ステップを完全にカバーするモジュール式のスケーラブルなソリューションです。また、CEREBRO は、LISシステムや Leica Biosystemsの機器、サードパーティの機器など、幅広いサードパーティ製ITソリューションにも接続することが可能です。

お問い合わせフォーム ご購入前のお問い合わせ。

製品の特徴

用意周到に

サンプルは、組織学および細胞診プロセスの各ステップで検証、追跡、カウント、照合されます。これにより、サンプル誤認エラーのリスクが大幅に低減されます。

Image
csm_Leave-Nothing-To-Chance_50cf4f9a4b

私たちのDNAに組み込まれた解剖病理学

解剖病理学ラボのために特別に設計されたCEREBROは、高度に視覚的なAP固有のイコノグラフィー(図像)を使用し、APプロセス用に最適化されたワークステーションを備えています。

Image
Anatomic Pathology Is In Our DNA

現在を分析し、未来を予測

検査室においての推量での作業を避けるためには、透明性が必須です。カスタマイズ可能なダッシュボードと包括的なレポート機能を装備したCEREBROは、ラボが十分な情報に基づいた意思決定を行うために必要な情報を提供いたします。

Image
Analyze The Present, Anticipate The Future

反復作業の効率化

CEREBROは、試料追跡やワークフロー管理ソリューションなしで、検査室の労働時間を大幅に削減することが実証されています。一部の検査室では、年間最大2866時間(360日)の削減がありました。

Image
Streamline Repetitive Tasks

ダウンロード

パンフレット