Menu

Leica VT1200 S 全自動振動刃ミクロトーム

全自動Leica VT1200 S振動刃ミクロトームは、神経科学における新鮮な試料の切片作製用に設計されています。自動送り、試料リトラクション、カッティングウィンドウの使用により、切片作製時間を最小に抑えるように考案されています。本機器は、半自動および全自動の両機能が必要となるマルチユーザーの研究室に推奨されています。

切片表面に生細胞を保持する切片を作製するために、Leica Vibrocheck測定装置でブレードの垂直方向の偏差を測定し、革新的なナイフホルダーで最小化することができます。

この機器は、ピーター・ヨナス(Peter Jonas)教授(以前はドイツのフライブルク大学の生理学部門、現在はオーストリアのクロスターノイブルクにある科学技術大学に在籍)と同教授の旧在籍グループとのコラボレーションで設計されました。

構成の選択

仕様

一般

セクショニング周波数: 85 Hz(± 10 %)
振幅: 0~3 mm(0.05 mm刻み)で調整可能
セクショニング速度: 0.01~1.5 mm/s (± 10 %)の範囲で調整可能
戻り速度: 2.5 mm/s (± 10 %)
試料全上下動: 20 mm(電動)
セクショニング範囲: 45 mm(調整可)
重量(基本計器): 56 kg
寸法 L x W x H (機器本体): 600 mm x 250 mm x 230 mm

特徴

製品の特長

最小限の試料損傷

垂直方向の偏差を最小限に抑えることにより、セクショニング中の試料の損傷が最小限に抑えられ、切片表面上の細胞の生存率が高まります。

お好みのセクショニング設定に対応

半自動および全自動のセクショニングモードでは、多くのユーザーの好みのセクショニング設定に対応します。

ダブルエッジレザーインジェクター

ダブルエッジレザー、インジェクター、またはサファイアナイフ用のナイフホルダーにより、ブレードの取り扱いがより安全になります。2 in 1ナイフホルダーは、試料の混染を防ぐのに役立ちます。

内蔵ソフトウェア

内蔵ソフトウェアは、最大8人のユーザーそれぞれの操作パラメータ設定を記憶します。

磁石試料ホルダー

磁石試料ホルダーにより、試料の取り扱いや複製が容易となります。

構成

構成

以下のオプションを選択し、上のお問い合わせリンクを使用して、選択した見積り依頼を送信してください。

機器本体(14048142066)

  • Leica VT1200 S – 機器本体(ナイフホルダー、アイストレイ、金属製バッファートレイ、または試料ディスクなし)
  • 神経病理学および神経生理学 (パッチクランプ) からの未固定化試料をセクショニングするための、全自動振動刃ミクロトーム。
  • 試料上下動:最大20 mm

構成 1(1491200S001)

  • Leica VT1200 S - ナイフホルダー、アイストレイ、金属製バッファートレイ、試料ディスク付きの構成
  • 神経病理学および神経生理学 (パッチクランプ) からの未固定化試料をセクショニングするための、全自動振動刃ミクロトーム。
  • レザーブレード全体を安全に挿入できるナイフホルダーと、ブレードの垂直方向の偏差を1 µm未満に最小化できる調整ネジを備えた堅牢で安定したベーシックな機器。
  • 垂直試料送り: 最大20 mm。

部品/アクセサリー

Leica VT1200 and VT1200 S Parts/Accessories


View all Leica VT1200 and VT1200 S Parts/Accessories