Menu

Leica IP S 顕微鏡スライド用インクジェットプリンター

ライカ IP S は、顕微鏡スライド上に印字するためのインクジェットプリンターです。

構成の選択

仕様

特徴

製品の特徴

Barcode printed slide

Barcode printed slide used for tracking supports reduction of human error through automation and traceability.

インクジェットテクノロジー

特許取得の専用インクは、試料処理や染色作業中にさらされる化学薬品に犯されず、優れたクオリティでの印字が可能です。

スループット

毎秒14 スライドを処理

Batch job printing

自動アンロードステーション

自動アンロードステーション(オプション)は、10個トレイがあり、それぞれに11のスライドを収納可能です。

比較

文書

文書

製品カタログ

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

保証書

(PDF)

Drivers

(PDF)
(PDF)
(ZIP)
(ZIP)
(ZIP)
(ZIP)
(PDF)
(PDF)

Material Safety Data Sheets

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

ニュースレター

(PDF)

取扱説明書

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

HistoCore Microtomes

新しい HistoCore RM 静電気防止型トレーは従来の RM22xx シリーズに適合しますか?

いいえ、ミクロトームのベースプレートの寸法が相互に異なるので適合しません。

新しい静電気防止型切片屑トレーはどのようにコンタミを防ぐのですか?

静電気防止型切片屑トレーは、耐性のある静電気防止材料で作られており、トレーの壁に堆積物が付着するのを防いでいます。

新しい 2 in 1 ナイフホルダーは従来の RM22xx シリーズと互換性がありますか?

はい、ただしナイフホルダーと 2 in 1 ナイフホルダーとの組み合わせが条件となります。

2 in 1 ナイフホルダー用の新しいナイフホルダーでもバックライトは使用できますか?

いいえ、2 in 1 ナイフホルダーのベースにバックライトのための切り欠き部がないため、使用できません。

従来の RM22xx シリーズのアクセサリのうち、HistoCore RM と共用できないのはどれですか?

  1. 小型切片屑トレー
  2. 大型切片屑トレー
  3. 上部トレー – HistoCore RM の上部トレーは RM22xx シリーズのトレーより 40% 大きくなっています。
  4. 冷却装置 – 装置上部に置くには小さすぎる。ただし装置の横に置くことは可能です。

粗送りホイールをカスタマイズする利点は何ですか?

便利で、使い勝手が良いことです。粗送りホイールの回転方向をオペレーターの好みどおりに選べます。この機能は RM22xx シリーズから引き継いだもので、オペレーターは慣れ親しんだ回転方向でトリミングを迅速に行うことができます。

後端位置への高速移動機能の利点は何ですか?

試料ヘッドがフロントから後端位置へ戻る速度が、旧シリーズでは 26 秒であったのに対して新シリーズでは 13 秒に短縮されています。この迅速化により、試料ヘッドが毎回後端位置に戻るセクショニングプロセスの所要時間が短縮されます。

メモリー位置の利点は何ですか?

同じ高さのブロックをバッチ処理でトリミングする時に、MEMO ポジション記憶機能はセクショニングを迅速に行うのに役立ちます。

  1. まず新しいブロックをセットします。
  2. ブロックをブレードに近づけます。
  3. MEMO ボタンを押します(位置が記憶されます)。
  4. トリミングを実行します。
  5. ブロックを取り出して再冷却します。
  6. MEMO ボタンを押します。試料ヘッドが設定された試料交換位置に戻ります。
  7. 新しいブロックをセットし、位置を確認します。
  8. 再度トリミングを実行します。

構成

構成

下記選択肢のいずれかを選び、上の連絡先リンクから見積もり依頼を送信してください。

構成 1 (149IPS00001)

  • Leica IPS - Modular Histology Slide Printer 100-240 V/50-60 Hz - ncluding software package: Desktop dongle, Automation Easy and HistoPal
  • The Leica IPS ink-jet printing module is designed for high-throughput histology slide printing at superior, chemical resistant printing resolution and therefore unmatched printing quality and flexibility.
  • The system is tailored to release lab technicians from time consuming manual slide labelling work to optimize your lab running costs.
  • Possible integration in Windows based LIS through Windows compliant printer driver.

関連製品