Aperio CS2 — High quality digital slides from your desktop

デスクトップで超コンパクトなAperio CS2画像取得デバイスで高画質のデジタルスライドを作成。5枚のスライドをセットできる機能と倍率20xと40xを備えたAperio CS2は、中規模施設向けの極めて信頼性の高い装置です。98%を超える初回スキャン成功率を誇り、直感的なインターフェイス、使いやすいデザインで高解像度のデジタルスライドを素早く生成します。

特徴

  • 1x3スライド5枚を簡単に装着してスキャン
  • Aperio Digital Slideトレイでスライドを90秒未満で利用可能*
  • 外部との共有と共同研究(機関間)
  • 施設内での共同研究(ハブ&スポークネットワーク)と協力
  • スキャン成功率:初回で98%以上
  • 組織ファインダーを必要に応じて調節可能

*Aperio CS2で15 x 15 mmの領域を倍率20xでスキャンした場合

使用

スライド収容枚数2x3、5枚(1 x 3")、1枚(2 x 3")
入力フォーマット1インチ x 3インチ(25 mm x 75 mm)顕微鏡スライド
2インチ x 3インチ(5.08 cm x 7.62 cm)(オプション)
寸法
約12.5インチ(幅) x 19インチ(高) x 20.5インチ(奥行)(318 x 465 x 502 mm)
重量
約55 lbs(25 kg)
対物レンズ20倍/0.75 NA Plan Apo(2倍光学変倍装置で40倍スキャン)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

詳細

品質を何よりも重視

直感的なユーザーインターフェースを使えば、ホールスライドを手際よく連続して作成することができます。デジタルスライドは、高スキャン品質と解像度を保ち、最初のスキャンの成功率は98%を超えています。

いつでもどこでも共有

Aperio CS2は、他の医療チームメンバーと共同研究で共有するスライドやデータを作成するのに最適なツールです。デジタルスライドを遠隔で評価できるため、研究のターンアラウンドタイムが改善され、チームメンバーが簡単にアクセスできます。

短時間で表示

Aperio CS2は記録的な速さで画像をスキャンして転送し、遠方の病理医がレビューすることが可能です。高速1GB/秒のネットワークインターフェースにより、デジタルスライドは、90秒以内にeSlideトレイでレビューできるようになります。

組織ファインダー

Aperio CS2組織ファインダーは非常に堅牢ですが、必要に応じた柔軟性があります。難しい検体(脂肪組織など)での組織の検出を最適化するため、またはインクや染色の残渣が検出されないよう、ユーザーによる選択領域の調節が可能です。

主なダウンロード

 仕様(pdf)

教育リソース

デジタルパソロジーを実感

デジタルパソロジーの4つのヒント スライドスキャニング

詳細

デジタルパソロジースキャニング・ホスティングサービスライトはあなたに適していますか?

詳細

デジタルパソロジーとは?

詳細

デジタルパソロジーは教育改革にどのように役立っていますか?

詳細

早見比較表

製品番号

Aperio CS2

現在表示中

Aperio VERSA

製品を見る

Aperio AT2

製品を見る

Aperio LV1

製品を見る

Aperio AT Turbo

製品を見る

Ariol

製品を見る

スライド収容枚数 2x3または5 8または200 2x3または400 4 2x3または400 8または200
照明 明視野 明視野、7チャネル蛍光およびFISH 明視野 明視野 明視野 明視野、7チャネル蛍光およびFISH
Zスタック はい はい はい はい なし なし
ライブ表示 なし なし なし はい なし なし
倍率 20x、40x 1.25x、5x、10x、20x、40x、63x(油浸またはドライ) 20x、40x 2.5x、5x、10x、20x、40x63x 20x、40x 1.25x、5x、10x、20x、40x、63x(油浸またはドライ)
スキャンメソッド TDIラインスキャン タイル TDIラインスキャン タイル TDIラインスキャン タイル

More products

eSlide Manager
Complete Digital Pathology Management Software with integration into your laboratory information system (LIS)
解析
Aperio Image Analysisは、明視野と蛍光のスライドの自動定量評価に利用可能な使いやすいソリューションです。
IHC
Aperio Image Analysis IHCメニューには、単一および多重組織染色の定量化のための幅広いソリューションが用意されています。

「もはや手動で画像をいじる必要はありません。自動画像作成で大幅に時間が節約されています!さらには、一貫してスキャンの画質、ホワイトバランス、焦点合わせが素晴らしく、組織学に精通していない同僚にもデータを渡しやすくなっています。」

出典:TechValidate。TVID:1DA-AC0-A5E

PI/主任、Large Enterprise Pharmaceuticals Company

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

研究用のみ。診断目的での使用不可。

Copyright © 2018 Leica Biosystems Imaging, Inc. 著作権所有。LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperioは、米国および随意にその他の国に所在するLeica Biosystems各社グループの商標です。