Menu

ISH & FISH – 明視野および蛍光In Situハイブリダイゼーション列挙

分子バイオマーカーは、手動で定量化するには時間がかかる場合があります。Aperio Image Analysisは、標的シグナルを自動的に検出およびカウントするソリューションであり、明視野および蛍光のためのオプションが付いています。アルゴリズムは十分にフレキシブルでシングルプレックスまたはマルチプレックス解析を扱えます。また、さまざまなエンドユーザー要件を満たすよう簡単に最適化可能です。RNAまたはDNAバイオマーカー発現を組織、細胞、細胞内レベルで測定します。

製品

Aperio RNA ISH Algorithm

Accurately count single- or dual-plex RNA ISH signals or clusters in brightfield tissue, and identify subcellular location of molecular targets.

Aperio FISH Brk/Fus Algorithm

Detect and enumerate FISH break-apart and fusion events involving up to 7 fluorescence target signals.

Aperio FISH Amp/Del Algorithm

Automatically quantify amplification or deletion of target DNA sequences in fluorescently-labeled tissue.

More products

Aperio AT2
最大400枚の明視野スライドスキャナー。省スペース、ハイスループット。2x3のスライドオプションが利用できます。
Aperio VERSA
Brightfield, Fluorescence & FISH Digital Pathology Scanner

基本から特定アプリケーションのノウハウといった、新しい関連情報です。

Aperio RUO (Research Use Only) Image Analysis Algorithms have been validated by Leica Biosystems for use with .svs images from Aperio AT2, Aperio CS2, and Aperio VERSA scanners. Use of Aperio RUO Algorithms with other available scanners has not been validated, and Leica Biosystems cannot train or support customers in use of Aperio RUO Algorithms with images from these scanners.