Menu

Leica CM1860 UV - 病理組織学検査室用途用クリオスタット

術中のがん診断は、数分以内に再現可能な切片の品質に依存します。Leica CM1860 UVクリオスタットを使用すると、正確な診断に役立つ高品質な切片を一貫して製造できる自信を得ることができます。

クリオスタットを操作する際は、安全性が必要不可欠です。したがって、Leica CM1860 UVクリオスタットは、SARS-CoV-2などの病原体汚染を効率的に低減する認証済みUVC消毒を含む、複数の安全機能を備えています。

Leica プレミアムナイフホルダーは、替刃との直接接触を最小限に抑えることで、切り傷による事故を防ぎます。

構成の選択

仕様

全般

幅(ハンドホイールを含む): 730 mm (28.7 in)
奥行き: 730 mm (28.7 in)
高さ: 1140 mm(44.8 in)
重量(ミクロトームを含む、試料冷却なし): 約135 kg(298 lbs)
切片厚範囲: 1~100 µm
試料総送り: 25 mm
試料垂直移動量: 59 mm
試料総送り: 55 x 55 mmまたは50 x 80 mm

特徴

製品の特性

危険物への暴露を最小限に抑える

認証済みUVC消毒により、感染性物質による汚染のリスクを低減します。

装置のハウジング上の抗菌ナノシルバーコーティングであるAgProtectにより、接触汚染のリスクを軽減します。AgProtectのナノシルバーは、微生物の膜に侵入して複製を防ぐことで機能します。

Minimized potential biohazardous exposure

切り傷のリスクを低減する

ライカプレミアムナイフホルダーの指定の指ガードは、切片を作製していないときに替刃をカバーします。ライカ バイオシステムズのナイフイジェクターと磁気ブラシを使用すると、替刃に触らずにナイフホルダーから安全に取り外すことができます。

高品質な切片を一貫して作製する

ライカ バイオシステムズの精密ミクロトームは、高品質な切片を一貫して作製するのに役立ちます。ミクロトームは密閉型であるため、クリーニングやメンテナンスが簡単です。

整理整頓がされていると、目の前の切片作製作業に集中できます。Leica CM1860 UVクリオスタットには、サンプル、オブジェクトホルダー、ツール用の専用保存棚があり、装置上部には簡単に手が届く室温保存場所が用意されています。

複数のユーザーに対応

Leica CM1860 UVクリオスタットは、複数のユーザーが使用する際に、迅速なターンアラウンドを容易にするよう設計されています。作業を開始する前に、機器を調整する必要はありません。

単一のファンクションキーと読みやすいLEDディスプレイにより、文字通りボタン1つですべての関連機能を使用できます。長いメニューをいくつもスクロールする必要はありません。

ドキュメント

ドキュメント

製品カタログ

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

保証書

(PDF)
(PDF)
(PDF)

Material Safety Data Sheets

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

取扱説明書

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)