Skip to main content

分子検査ソリューション

シンプルな自動化

分子検査を施設内で行うことで、外注にかかる時間、コスト、手間を軽減します。診断マーカーから予後指標まで、分子検査の使用は急速に増加しています。ISH染色を自動化し、マニュアル作業、反復作業の負担を軽減し、本来の業務に集中できるようサポートします。 

Novocastra ISHプローブ

Novocastra ISHプローブは、検出システムや補助試薬と組み合わせることで、RNA配列を検出するソリューションを提供します。

詳細情報

Kreatech FISHプローブ

Kreatech FISHプローブは、独自のREPEAT-FREEサブトラクティブハイブリダイゼーション技術を特徴としており、ヒトゲノム全体に分散する要素を特異的に除去し、S/N比を向上させます。 

詳細情報

BOND IHC/ISHシステム

すべてのBONDシステムは、全自動です。スピード、信頼性、精度が得られるように設計されています。特定の診断または研究の課題に対応できるようカスタマイズされています。 

詳細情報

ThermoBrite Elite

タッチ操作なしの(load-and-go)FISHスライド調製ソリューション です。ThermoBrite Eliteシステムは、脱パラフィン、前処理、変性/ハイブリダイゼーション、およびハイブリダイゼーション後の洗浄ステップを自動化および標準化し、時間を節約します。

詳細情報

ThermoBrite

ThermoBriteは、FISHスライド調製の操作ステップ数を削減し、効率化を実現します。 

詳細情報

CytoVision

CytoVisionは、細胞遺伝学ラボに明視野および蛍光サンプル用の統合されたスケーラブルなプラットフォームを提供する、完全な画像分析および管理システムです。

詳細情報

教育資料 

細胞遺伝学から細胞ゲノミクスまで - FFPE組織FISH処理を自動化する5つの理由

この記事では、細胞ゲノミクスにおけるホルマリン固定パラフィン包埋組織蛍光in situハイブリダイゼーション (FFPE組織FISH) を自動化する5つの理由に焦点を当てています。

詳細情報

In Situハイブリダイゼーション染色および免疫組織化学染色に対する脱灰の影響

このプレゼンテーションでは、ISHおよびIHCマーカーの性能に対するさまざまな脱灰試薬の影響について概説します。

詳細情報

ISHを改善するためのステップ

このガイドでは、ISHを改善するためのヒントを取り上げます。ベストプラクティスのテクニックと良くあるエラーを回避するための簡単な方法について、実践的なアドバイスを提供します。

 

詳細情報

トレーニング教材、トレンド情報、業界リーダーによる提言などをご覧ください。

Knowledge Pathway では、特集記事やチュートリアル、ウェビナー、ケーススタディ、各種インタビューも配信しています。
*The original content is in English. Please check with your region for availability of content in your local language.