Skip to main content

ISH & FISH – 明視野&蛍光in situハイブリダイゼーション計数

分子バイオマーカーの手動での定量化には時間がかかります。Aperio画像解析は、明視野と蛍光のオプションを備えた、標的シグナルの自動検出とカウントのためのソリューションを提供します。単染色または多重染色解析を処理するのに十分な柔軟性を備えたアルゴリズムで、エンドユーザーの様々な要求に応じて容易に最適化することができます。組織、細胞、または細胞内レベルで、RNAまたはDNAバイオマーカーの発現を測定します。

Aperio RUO(研究専用)画像解析アルゴリズムは、Aperio AT2、Asperio CS2、およびAsperio VERSAスキャナーが生成した.svs画像での使用に関して、ライカバイオシステムズによる検証を経ています。他の利用可能なスキャナーでのAperio RUOアルゴリズムの使用は検証されていません。また、ライカバイオシステムズは、これらのスキャナーが生成した画像によるAperio RUOアルゴリズムの使用については、お客様のトレーニングやサポートを行うことはできません。

Image
ish-and-fish

Aperio RNA ISHアルゴリズム

明視野組織中の単染色または二重染色のRNA ISHシグナルまたはクラスターを正確にカウントし、細胞内での分子標的の位置を特定することができます。

さらに詳しく

Aperio FISH Brk/Fusアルゴリズム

最大7つの蛍光標的シグナルを含むFISH分解および融合イベントを検出し、計数することができます。

さらに詳しく

Aperio FISH Amp/Delアルゴリズム

蛍光標識した組織内の標的DNA配列の増幅または欠失を自動的に定量化することができます。

さらに詳しく

他の製品

Aperio VERSA

明視野、蛍光&FISHデジタルパソロジースキャナー

さらに詳しく

トレーニング教材、トレンド情報、業界リーダーによる提言などをご覧ください。

Knowledge Pathway では、特集記事やチュートリアル、ウェビナー、ケーススタディ、各種インタビューも配信しています。
※原文は英語です。コンテンツをお住まいの地域の言語で利用できるかどうかについては、お住まいの地域にお問い合わせください。