Menu
  • BOND-MAX 全自動IHCおよびISH

BOND-MAX 全自動IHCおよびISH染色システム

柔軟で効率的、かつ安定した速さ。

高い精度の自動化、Covertile技術、Novocastra試薬を組み合わせて、IHCISHの生産性を向上させ、高品質の染色を実現します。3トレイ・システムと一貫した実行時間により、後続の作業量に柔軟に対応し、1日の業務計画に必要な予測可能性を提供します。BOND-MAXステイナーは、試薬を無駄なく効率的に使うことができ、柔軟な分注量により、試薬の使用量を減らし、廃液を減らすことができます。

BOND-MAXシステムは、BOND装置に期待される高品質のIHCおよびISHスライドを、コンパクトなベンチトップ型で提供いたします。

in vitro診断用

仕様

装置の仕様

寸法・重量

寸法(幅 x 高さ x 奥行): 760 mm x 703 mm x 775 mm
重量(乾燥): 120 kg
スライド容量: 30
試薬容器容量: 7 mLおよび30 mL
試薬容器数: 36
バルク試薬容器容量: 1 Lまたは2 L
有害排液容器容量: 2 L
外部バルク廃液容器容量: 9 L

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション

詳細情報

詳細情報

信頼できる染色力

3台の染色装置が1台に

» 各トレイは個別の装置として機能するため、スライドの準備ができ次第ロードできます。

 

ワークフローをユーザーのやり方で

» スライドの準備ができ次第ロード。ランダムな試薬アクセスで継続的にスライド処理を実行。

 

一貫した3.5時間の実行時間

» 一貫した予測可能な3.5時間の実行時間で毎日のワークフローの計画が容易になります。*
*IHC染色で、バッチワークフローを実行する場合

時間とスペースの節約をしつつ、より多くのスライド処理を実現

コンパクトな装置は、どんな狭いスペースにもフィット

» 検査室の限られたスペースを最大限に活用するためのベンチトップシステムで柔軟性を提供。

 

容易な試薬管理

» バルク試薬は一目で確認できます。抗体や検出システムは必要なときにいつでもロードできます。

検査室のスペースを最大限に活用

» コンパクトな本装置は、限られたスペースで、競合製品よりも多くのスライドを処理できます



各切片を注意深く正確に染色。

液体レベルセンサーでユーザーに安心を提供

» 試薬が各スライドに確実に分注されるように、各分注前に試薬量を測定します。

 

プレミアム検出化学

» BONDコンパクトポリマー検出システムで最高の結果を得ましょう。

独自のCovertile – トータルティシューケア

» 染色プロセス全体を通じて組織を保護する、優しく効果的な試薬アプリケーション。

 

NOVOCASTRA HD抗体

» 最適な患者ケアをサポートする高性能抗体。

リソース

BOND RTU抗体およびプロトコールのデータファイル

これらのデータファイルにより、BOND RTUシリーズから最新のリリースを利用できるようになります。一部の製品には、ローカルライセンスの制限が適用される場合があります。ご不明な点がございましたら、最寄りのライカバイオシステムズの販売またはサポート代理店にお問い合わせください。正しいデータファイルがダウンロードされたことをご確認ください。

注記

  • BDDv94はBONDソフトウェアv5以降とのみ互換性があります
  • BONDソフトウェアv4.0 BDZファイルは、BDZ v74 以降サポートされなくなりました
  • BOND RXリサーチシステムまたはBOND RXmリサーチシステムにはこの更新は適用されません。
  • ソフトウェアのバージョンと地域に合わせて、正しい更新が適用されていることを確認します。
  • すべてのBONDシステムを最新のソフトウェアのバージョンに更新することをお勧めします

ビデオ

BOND-III を搭載した製品ビデオ

BOND-III に関する試薬比較テスト

Covertile システム – 試薬アプリケーションの仮想デモ

リソース

最新のBDD/BDZリリースでアップデートしましょう -今すぐダウンロードする

Related Products