HistoCore PELORIS 3 Tissue Processing

HistoCore PELORIS 3 プレミアムティッシュプロセッサー

高品質な検体処理のための

総合的な

ソリューション

HistoCore PELORIS 3 は、高品質な結果をもたらす高い信頼性を提供することでターンアラウンドタイムの削減、効率的な検体処理プロセスの実現、そして検体の安全性というワークフローの課題に応えます。

ティッシュプロセッサーにおける 新機能トラック&トレース機能 !PELORIS 3 は、バスケット ID、ユーザー ID および試薬ロット番号を取得するバーコードスキャナーを備えて、手作業による記録を減らすとともに 高度な検体安全性とトレーサビリティを提供します。 個々の検体は関連する処理プロトコル、試薬の詳細、およびオペレーターの情報に紐付けされます。


詳細情報

検体のトラック&トレース

検体のトラック&トレース

PELORIS 3 のユニークなトラック&トレース機能により、検体のトレーサビリティ、オペレーターの操作と試薬の品質管理を可能にし、検体の安全性が向上します。バスケットをセットする前に、バスケット ID、ユーザー ID、および試薬ロット番号をスキャンすることができるように、バーコードスキャナーが PELORIS 3 の上部の使いやすい位置に組み込まれています。

オンボードレポートモジュール

オンボードレポートモジュール

オンボードレポートモジュールが、総合的な電子記録を可能にするため、手作業による記録を削減するのに役立ちます。このモジュールには、実行時間、要約レポート、担当者の明確化、検体のトレーサビリティが含まれます。

濃度計

濃度計

2 つの濃度計を内蔵することにより試薬の品質を最適に保つことができるため、試薬交換時における潜在的なミスを低減し、高い再現性が得られます。この「スマート」機能によって試薬の状態をモニターすることで、不適切な濃度をオペレーターに警告して、検体の安全性を確保できます。

直観的なユーザーインターフェース

直観的なユーザーインターフェース

あらかじめ登録された編集可能な標準処理プロトコルは、検査室の固有のニーズに対応します。PELORIS 3 の直観的なユーザーインターフェースは、スムーズなワークフローナビゲーションによって、すべての操作を追跡することで、トラブルシューティングや試薬およびプロトコル管理の指標を提供します。

見やすさ向上

見やすさ向上

改良された試薬ラベルと LED バックライト付きボトル部により、液位と試薬の状態を簡単に視認することができます。

ユーザー重視のデザイン

ユーザー重視のデザイン

ユーザーフレンドリーな特徴として、移動時の安定性を増すように形状を見直したハンドル付きバスケット、バスケットをしっかりと配置できるレトルト蓋のウェッジ(くさび状の出っ張り)が含まれます。

検証済みの消耗品

検証済みの消耗品

ライカ バイオシステムズでは、チャンバー内に簡単に収まる成形パラブロック、ActiveFlo カセット、キシレンフリー試薬などをオプションとして用意しており、PELORIS 3 にこれら検証済みの消耗品をご使用することをお勧めします。


人々はこちらも閲覧しました