Menu

特徴

製品の特徴

組織品質に妥協なし

生検、大きな検体、または脂肪質の検体など、組織によってその処理方法は異なります。HistoCore PEGASUSティッシュプロセッサーは、1台の装置で並行プロトコルを柔軟に実行することができます。最大400サンプル同時に処理でき、通常の300カセットのシングルレトルトティッシュプロセッサーと比較して、1 回の処理容量を33%増加することができます。

一貫して、結果を出す。

検証済みで、あらかじめインストールされているプロトコルは、さまざまな組織を一貫した品質で処理するのに必要な柔軟性をもたらします。

簡単になった試薬管理

プロトコルに簡単にアクセスできるため、組織処理レポートをコントロールでき、マニュアルの文書化を減らすことができます。

ライカパラフィンでワークフローを最適化

HistoCore Pegasusティッシュプロセッサーとライカパラフィンを併用することで、ワークフローをさらに改善できます。PEGASUSパラブロックパラフィンは、ペレットより22%速く溶解します。そして、更に:

  • こぼれません:固いブロックが汚れたペレットからのこぼれを防ぎます
  • 容易なローディング – Pegasus Parablocks X-traTMは、安全で扱いやすいパラフィン関連のワークフローを実現します
  • その場を離れられます – 4 ブロックをPegasusのチャンバーにロードするだけで、パラフィンを補充する必要はありません。

ActivFloカセットで処理を最大化

  • 効率的な試薬フロー:ライカ が開発した「流体フロー」の側面孔付き孔デザインにより試薬の交換を最大化
  • システム性能: ActivFloルーチン、生検、およびミニ生検カセットは、ライカティッシュプロセッサーで検証済みです
  • スナップ式 - 蓋の取り外しが簡単なヒンジ
  • 楽にローディング - スタック式およびテープ式構成により、迅速かつ簡単にプリンタを設定
  • 11色をご用意

推奨組織処理試薬

当社が推奨する組織処理試薬は、分析前のワークフローステージで組織を回収するのに役立ちます。
幅広い製品提供: アルコール、溶剤、固定液は、複数の包装オプションでご利用いただけます
エラーの削減: カラーコード化されたラベリングにより、試薬の可視化が簡素化され、試薬の混同を軽減します
環境に優しい代替案: キシレンをSub-Xまたは Clearene(クリアレン)に置き換えれば、より安全な試薬で組織を処理できます。または、イソプロパノール ( IPA ) ならキシレンフリーで処理できます。