Leica RM2255 Sectioning

Leica RM2255 全自動回転ミクロトーム

手動と完全自動の切替で、樹脂とパラフィン2種類の試料の切片作製作業に威力を発揮する新型回転ミクロトームです。モーター駆動でありながら、手動時のハンドホイール回転を軽快にする重力フリーシステムの採用で、長時間の作業の疲労からオペレータを解放します。

●簡単に切り替えられるトリミングとセクショニング機能。
●試料のオリエンテーションを簡単にするゼロポジション設定。
●クリック・ストップ・ポジション付横移動式ナイフホルダー。
●大容量マグネット式切片屑トレイ。
●切片厚設定: 0.5-100μm
●トリミングの設定範囲: 1-600μm
●試料送り: 28mm ±1mm(ステッピングモーター)
●試料垂直移動: 70mm
●切片作製モード: 4通り
●試料リトラクション範囲: 5-100μm 5μm刻み(OFF設定可)


今すぐ設定

弊社の configurator を使って、お客様個人のご要望を満たすLeica RM2255 のセットアップを構築してください。すぐに、必要なパーツを全て買い物カート内に入れることができます。


ニューモデル

HistoCore AUTOCUT
HistoCore AUTOCUT 自動回転式ミクロトーム