Menu
Leica ST5010/CV5030 Routine Staining & Coverslipping

Leica ST5010/CV5030 統合ワークステーション

Leica ST5010/CV5030

信頼性の高い診断のためのワークフローの最適化と生産性

ライカ バイオシステムズの完全自動装置により、高品質の染色、日常的なH&Eおよび細胞診用の優れたガラスカバースリッピングを提供し、検査室の生産性を向上させます。


詳細情報

使いやすさ

簡単な操作、簡単なワークステーションプログラミング、直感的なソフトウェアにより、手動染色と比較して、正しい操作、安全性の向上、ターンアラウンドタイムの短縮を実現します。

実証済みの信頼性

信頼性の高い機器技術とプログラミング:機器による試薬の適合性チェック、自由にプログラム可能なインキュベーション時間とシーケンスにより、ワークステーションの円滑で安定した動作を保証します。

最適化されたワークフロー

試料のハイスループットと最大11個のスライドラック容量により、増大する作業負荷に対応します。

健康と安全

安全な検査室環境を促進するため、外部ホースによる排気と活性炭フィルターによる一体型のヒュームコントロールなどの機能により、危険なヒュームへの暴露を低減します。

キシレンフリーの染色とカバースリップにより、職場の衛生と安全を脅かす暴露を減少させ、職場の健全性維持に役立ちます。

エクスペリエンスの柔軟性

ワークステーションでは、さまざまな用途を同時に実行できるため、特定のワークフローのニーズを満たす柔軟性が得られます。一貫した染色とカバースリップの品質を提供する、ご希望の消耗品メーカーまたは検証済みのライカ バイオシステムズの消耗品およびプロトコルからお選びください。