Menu

Leica CM1950 - 多種多数の試料を扱う検査室用のクリオスタット

お客様の特定の要件に応じて、Leica CM1950クリオスタットは、さまざまなオプションとともに注文できます。標準的な装置からスタートし、お客様の検査室の個々のニーズに合わせて幅広いオプションからお選びください。

クリオスタットを操作する際は、安全性が必要不可欠です。したがって、各Leica CM1950クリオスタットは、SARS-CoV-2などの病原体汚染を効率的に低減する認証済みUVC消毒を含む、複数の安全機能を備えています。

効率的なワークフローのために、すべての機器に、複数の試料を容易に取り扱うことができる広々としたクリオキャビネットが付属しています。クリオスタットには、ツール、凍結培地、スライドガラスを整理するための十分なスペースが用意されています。

構成の選択

技術仕様

全般

幅(ハンドホイールを含む): 835 mm
奥行(キャビネットのみ): 850 mm
高さ(全体): 1215 mm
作業高さ(アームレスト): 1025 mm
重量(モーター及バキューム装置を含む) 193 kg
使用温度範囲: 18°C~35°C
最大試料サイズ: 50 x 80 mm
電動粗送り: 低速:300 μm/s、20 μm刻み
高速:900 µm/s

特徴

製品の特性

オプションの切片屑

安全性

認証済みUVC消毒により、感染性物質による汚染のリスクを低減します。

装置のハウジング上の抗菌ナノシルバーコーティングであるAgProtectにより、接触汚染のリスクを軽減します。

オプションのバキュームシステムは、内蔵の一次フィルターシステムと追加の細菌HEPAフィルターにより、切片屑を安全に除去します。

効率性

大きな凍結ステージには、番号付きのポジション、追加のツールトレイ、および装置上部の広くて使いやすい収納エリアがあり、整理整頓や、切片作製作業に集中できます。

アンチロールガイドとオプションのバキュームシステムの組み合わせにより、切片の平坦化を補助します。

また、Leica CM1950クリオスタットと一緒にモータードライブを注文することにより、大量の試料を迅速かつ効率的に切片化できるようになります。

ディスポーザブルナイフホルダー

高品質

ハイプロファイルおよびロープロファイルの替刃用のCEブレードホルダーは、クランプ面が大きく、再現性の高い切片品質をサポートします。

CryoZoneシステムは、試料と替刃の周りに均一に冷えた空気のゾーンを作ります。

明るいノングレアLED照明により、切片作製中に試料をはっきりと見ることができます。

ドキュメント

ドキュメント

製品カタログ

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

保証書

(PDF)
(PDF)
(PDF)

Material Safety Data Sheets

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

取扱説明書

(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)
(PDF)

リソース

リソース

よくある質問(FAQ)

Leica CM1950

What is the CryoZone™?

  1. The CryoZone™ system ensures that uniformly cold air flows continuously over critical areas of the cryochamber.
  2. Cold air flows directly from the evaporator onto the blade/ knife holder ensuring that the set temperature is maintained.
  3. The CryoZone™ system maintains a uniform temperature of the knife/blade holder and anti-roll guide, which improves section quality (stretching and less curling).

Is it possible to retrofit a second compressor or motor drive?

  1. No, it is not possible to retrofit a second compressor or motor drive.
  2. The desired instrument configuration must be specified when ordered.

Is there a way to tell how many hours a UVC bulb has been used?

  1. There is no visible indication of how many hours the UVC bulb has been used.
  2. When the bulb needs to be replaced/exchanged the two LEDs on the UVC activation button will blink/flash.

How long is the recommended lifetime of the UVC bulb?

  1. The expected lifetime of a UVC bulb is approximately 12,000 hours.
  2. The two LEDs on the UVC activation button will blink/flash after 9,000 hours of bulb use. This built in safety margin ensures that the stated maximum germicidal efficiency of the bulb is always achieved.
  3. Users are reminded that in addition to service life, the number of times the lamp is turned on and off has a significant effect on expected lifetime of the bulb.
  4. Each on/off cycle is equivalent to an aging process of 1–2 operating hours.

How often must the HEPA filter be exchanged?

  • The HEPA filter must be exchanged every 3 months.
  • There is no visible indicator on the instrument alerting the user to exchange the filter.

What are the advantages of the Leica CM1950?

  1. The CryoZone™ system ensures that a zone of uniformly cold air flows continuously over critical areas of the cryochamber. The cold air flows directly from the evaporator onto the blade/knife holder and anti-roll guide, maintaining the selected temperature and improving section quality (stretching and less curling).
  2. The dual purpose, optional vacuum system facilitates the work process by stretching the sections as they are being cut. This enhances safety by reducing debris as it is generated and saves valuable time by facilitating sectioning and waste removal.
  3. High section quality

    a. Precise microtome with stepper motor specimen feed.

    b. Innovative flat-plate specimen clamping system.

    c. Ultra-efficient refrigeration system.

    d. Options: sectioning motor and section stretching by vacuum assisted sectioning aid.
  4. Safe operation

    a. Certified UVC disinfection.

    b. AgProtect™ antibacterial nano-silver coating.

    c. Encapsulated microtome.

    d. Option: vacuum waste removal system..

  5. Effective Workflow

    a. UVC disinfection possible at any time without warming the instrument.

    b. Clearly structured workspace with various shelves.

    c. Clearly labeled, self-explanatory controls.

    d. Constant display of operating parameters.

How long does it take to cool down a CM1950?

  1. To ensure the optimum cutting environment it is recommended to cool the CM1950 at least 5 hours from ambient to -25 °C or 8 hours from ambient to -35 °C prior to use.
  2. It is important that all accessories are pre-cooled before use (blade or knife holder, cutting tools, brushes etc.).

Why does the compressor for the object cooling not start simultaneously with the compressor for the cabinet cooling when switching on the Leica CM1950?

  1. After turning on the cryostat, the compressor for the cabinet cooling will cool the cabinet down to -5 °C before the second compressor, for object cooling, can be activated.
  2. Activation of object cooling is delayed to ensure that the object head does not cool faster, due to its smaller mass, compared to the rest of the cryostat. This prevents humidity in the chamber from causing frost build up on the object head, which could result in problems clamping the specimen disc.

Why is the operating time of the Peltier element limited to 10 minutes only?

  1. A Peltier element (electrical cooling) always has two sides – a cold and a warm side.
  2. The cold side is used to quickly freeze the specimens.
  3. The heat produced on the warm side has to be dissipated.
  4. The longer the Peltier element is activated, the more heat is produced and the warmer the cold side gets.
  5. To avoid “weakening” the freezing rate by a warming Peltier element, it is automatically switched off after 10 minutes of use.

Can the UVC disinfection system be used to inactivate RNase in the cryostat cabinet?

  1. UVC does not inactivate RNase, a protein.
  2. RNA, a nucleic acid, strongly absorbs UVC and is rapidly degraded (this is the reason why the germicidal activity of UVC is so effective against RNA viruses).
  3. The only way to inactivate RNase is to use RNaseZAP™ or comparable cleaning solutions.
  4. RNaseZAP™ has been extensively tested and is recommended for use with the CM1950 Cryostat.

構成

構成

以下のオプションを選択し、上のお問い合わせリンクを使用して、選択した見積り依頼を送信してください。

構成(1491950C1US)

  • Leica CM1950 - 米国向け構成 - 120 V/60 Hz、凍結チャンバー冷却、不活性化可能試料リトラクション、認証済みUVC消毒、AgProtectナノシルバーコーティング、バキュームシステム、替刃ホルダーCEあり
  • 密閉型の防沫仕様のミクロトーム付き独立式クリオスタット。
  • アンチグレア照明付きの広々としたステンレス製凍結チャンバー。
  • 容易なクリーニングと消毒。

構成(1491950C2US)

  • Leica CM1950 - 米国向け構成 - 120 V/60 Hz、凍結チャンバーおよび試料冷却、不活性化可能試料リトラクション、認証済みUVC消毒、AgProtectナノシルバーコーティング、バキュームシステム、替刃ホルダーCEあり
  • 密閉型の防沫仕様のミクロトーム付き独立式クリオスタット。
  • 容易なクリーニングと消毒。
  • 加熱式の取り外し可能なスライド式ウィンドウ。

構成(1491950C3US)

  • Leica CM1950 - 米国向け構成 - 120 V/60 Hz、凍結チャンバーおよび試料冷却、不活性化可能試料リトラクション、認証済みUVC消毒、AgProtectナノシルバーコーティング、バキュームシステムおよび電動切片用モーター、替刃ホルダーCEあり
  • 密閉型の防沫仕様のミクロトーム付き独立式クリオスタット。
  • アンチグレア照明付きの広々としたステンレス製凍結チャンバー。

構成(1491950C4US)

  • Leica CM1950 - 米国向け構成 - 120 V/60 Hz、凍結チャンバーおよび試料冷却、試料リトラクション(20 µmまたはオフ)、認証済みUVC消毒、AgProtectナノシルバーコーティング、替刃ホルダーCEあり
  • 密閉型の防沫仕様のミクロトーム付き独立式クリオスタット。
  • アンチグレア照明付きの広々としたステンレス製凍結チャンバー。

構成(1491950C5US)

  • Leica CM1950 - 構成米国 - 120 V/60 Hz、凍結チャンバーおよび試料冷却、試料リトラクション(20 µmまたはオフ)、認証済みUVC消毒、電動切片用 AgProtect ナノシルバーコーティングモーター、替刃ホルダーCEあり
  • 密閉型の防沫仕様のミクロトーム付き独立式クリオスタット。
  • アンチグレア照明付きの広々としたステンレス製凍結チャンバー。

部品/アクセサリー

Leica CM1950 Parts/Accessories


View all Leica CM1950 Parts/Accessories