Menu

Leica HI1210 パラフィン切片用ウォーターバス

Leica HI1210は、高い熱伝導率を提供する表面を備えたウォーターバスです。

温度は周囲温度と75°Cの間から選択できます。

ウォーターバスの広く拡張された縁は顕微鏡スライドの収納に便利で、装置内の丸みを帯びた角は、簡単かつ効率的な洗浄を可能にします

構成の選択

特徴

製品の特徴

LEDディスプレイ

プログラムされた温度と現在の温度はLEDディスプレイに表示され、選択された温度設定値は内蔵のバッテリーバックアップシステムにより記憶されます。

視認性を高める設計

漆黒の表面により、切片はより容易に可視化され識別できるようになり、表面もより洗浄しやすくなります。

Better contrast

ドキュメント

ドキュメント