Aperio GENIE – 組織学のパターン認識

Aperio GENIE

Aperio GENIEは、異種の組織検体で異なる組織タイプを自動的に認識するために使用する、学習可能な組織画像解析ツールです。Aperio GENIEを使えば、デジタルスライド上で関心領域を手動で囲む、時間のかかるプロセスを排除できます。使いやすいインターフェイスにより、代表的組織検体でAperio GENIEを学習させ、自動検出と形態的関心領域のアノテーションのバッチ処理を行います。

詳細

Aperio GENIEの効果を体験

異種組織の代表例のある明視野または蛍光スライドで、Aperio GENIEを即座に学習させます。するとAperio GENIEは自動的に、異なる組織コホート切片全体で異なる組織コホートを特定・指定します。

組織を迅速に識別

組織形態解析の手動プロセスが迅速化され、腫瘍領域、腎臓糸球体または壊死組織などの特定の組織分類を識別するためのアノテーションが不要となります。

画像解析の自動化

Aperio GENIEを、Aperio定量画像解析の前駆体として使用します。最初に、Aperio GENIEで関心領域を自動的に特定してから、これらの領域内でのみバイオマーカーの発現を測定します。

組織分類または部位の定量化

Aperio GENIEは、定量画像解析を実行する前に、明視野と蛍光のスライド画像両方で組織分離の定量化、あるいは組織部位の事前選択に使用できます。

主なダウンロード

 ホワイトペーパー(PDF)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

研究用のみ。診断目的での使用不可。

Copyright © 2018 Leica Biosystems Imaging, Inc. 著作権所有。LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperioは、米国および随意にその他の国に所在するLeica Biosystems各社グループの商標です。