Menu

Aperio RNA ISH Algorithm – 発色性RNA ISH定量化

Aperio RNA ISH Algorithm

Aperio RNA ISH Algorithmは、FFPE組織のデジタルパソロジーホールスライド画像内の、RNA ISH染色の標準定量化を行います。ホールスライド全体、スライドのバッチ、または指定の関心領の、シングル/デュアルプレックス染色を自動的に定量化します。織内または核および/または細胞質性細胞区画内の個別の分子シグナルおよびクラスタをカウントします。正確で客観的な結果を提供しながら観察者間/観察者内のばらつきを排除して、研究の一貫性を高めます。


詳細

シングル/デュアルプレックス

Aperio RNA ISHユーザーは、特定の検体向けにアルゴリズムを簡単に最適化および調整できます。柔軟性があるため、シングルプレックスのレッド、ブラウン、またはグリーン、およびデュアルプレックス検体をサポートする1つのアルゴリズムを構成可能です。直感的なパラメーターにより陽性シグナル正しく分類でき、偽陽性/陰性を排除できます。

徹底検証済み

Aperio RNA ISH Algorithmは、手動および自動RNA ISH染色の両方に対して、性能試験が行われています。

スケーラビリティ

Aperio RNA ISH Algorithmは、個別のワークステーション上で展開可能な、小規模研究室または個人研究者向けの手頃な価格のソリューションです。ニーズがよりハイスループットなグループのため、本アルゴリズムはAperio eSlide Managerと完全な互換性があり、迅速なバッチ解析および最適化したアルゴリズム構成、結果、および解析マスクの共有が可能です。

包括的な結果

Aperio RNA ISH Algorithmは、各解析で50を超えるデータポイントを出力して、包括的なデータセットを提供します。データは自動的にAperio eSlide Managerに統合されます。またはサードパーティーデータ解析プログラムへと簡単にエクスポートできます。解析マスクを利用して、プレゼンテーションや公表文献にすぐに含められるようキャプチャー可能です。

主なダウンロード

 パンフレット (pdf)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

Aperio RUO (Research Use Only) Image Analysis Algorithms have been validated by Leica Biosystems for use with .svs images from Aperio AT2, Aperio CS2, and Aperio VERSA scanners. Use of Aperio RUO Algorithms with other available scanners has not been validated, and Leica Biosystems cannot train or support customers in use of Aperio RUO Algorithms with images from these scanners.