Aperio Area Quantification FL Algorithm – 組織ベースの免疫蛍光法測定

Aperio Area Quantification FL Algorithm

Aperio Area Quantification FL Algorithmは、最大3チャネルの蛍光染色した組織画像を分離して、各蛍光染料の強度および面積を定量化します。また、異なるチャネル間の共局在を同定および測定し、組織領域内のバイオマーカー発現パターンの完全かつ正確な画像をユーザーに提供します。

詳細

染料を正確に特定

特定の検体で最良の結果を得るには、スキャンしたスライド上でどの染料を使用したかを、アルゴリズムに反映させます。非特定の蛍光および蛍光度の高いアーチファクトは、ユーザー定義閾値設定を利用して解析から除外します。

詳細な結果を入手

各染料ペアのピアソン係数およびオーバーラップ係数値、および解析結果のプロットヒストグラムを含め、結果を数値データとして表示します。染料のさまざまな組合せの共局在マスクを含む、幅広いマークアップ画像を生成可能です。

設定をカスタマイズ

明確かつ正確な画像解析で、蛍光検体から最大限の情報を得ましょう。Aperio Area Quantification FL Algorithmは、入力を高度に調節可能ですので、チャネルカラーの微調整を含め、スライドから最も関連度の高いデータが得られます。また、どの染料を共局在化するかを選択できます。

データをさらに活用

マークアップ画像を含む結果は、自動的にAperio eSlide ManagerまたはAperio Image Analysisワークステーションデータベースに保存され、関連スライドと共に保管されます。サードパーティー統計プログラムでのさらなる操作および解析のため、結果データをCSVファイルとしてエクスポートします。

主なダウンロード

ホワイトペーパー(PDF)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

研究用のみ。診断目的での使用不可。

Copyright © 2018 Leica Biosystems Imaging, Inc. 著作権所有。LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperioは、米国および随意にその他の国に所在するLeica Biosystems各社グループの商標です。