Aperio Rare Event Detection Algorithm – オブジェクトの自動検索およびカウント

Aperio Rare Event Detection Algorithm

ヒトには素晴らしい視覚システムが備わっていますが、干草の山の中の針を見つけようとする場合は、膨大なデータを処理して時間が長くかかるばかりでなく、疲労により信頼度が低下することが明らかです。Aperio Rare Event Detection Algorithmは、迅速かつ高信頼度で全スライドを処理して、微小転移巣といった稀なイベントを検出およびカウントできます。また当該イベントはユーザーへと表示されますので、素早く簡単にレビューできます。

詳細

時間と労力を節約

循環血液中の腫瘍細胞(CTC)といったオブジェクトを手動でカウントすることは、時間がかかり骨が折れるタスクです。Aperio Rare Event Detection Algorithmではこのタスクが自動化されますので、スライドが解析される間にその他の作業を行えます。

出力を簡単に表示

すべての検出オブジェクトはマークアップアノテーションで指定され、定量データはオブジェクトごとにリストされます。結果リストのいずれかをクリックすると、スライド上の対応するオブジェクトがハイライト表示されます。簡単に結果をレビューできます。

正確なオブジェクトカウント

 Aperio Rare Event Detection Algorithmは、探しているオブジェクトをカラーおよびサイズごとに正確に定義できます。洗練された分割および画像処理を使用して、関心オブジェクトを検出およびカウントし、染色アーチファクトを拒否します。 

研究室向けにカスタマイズ

エンタープライズスケールでの解析をロースループット、ローカルソリューション、ハイスループットのどのネットワークで実行しなければならないかに関わらず、Aperio Rare Event Detection Algorithmを配備可能です。ニーズが増大するのに合わせてソリューションを拡張可能です。

主なダウンロード

ホワイトペーパー(PDF)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

研究用のみ。診断目的での使用不可。

Copyright © 2018 Leica Biosystems Imaging, Inc. 著作権所有。LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperioは、米国および随意にその他の国に所在するLeica Biosystems各社グループの商標です。