Menu

Aperio Microvessel Analysis Algorithm – 血管形成の検出・測定

Aperio Microvessel Analysis Algorithm

毛細血管と微小血管のインフラストラクチャを分析することは、多くの疾病分野で極めて重要です。ホールスライドスキャニングとAperio Microvessel Analysis Algorithmにより、手間のかかるカウントタスクを自動化・標準化できます。内皮マーカー(CD31、CD34など)で染色した微小血管を自動的に検出および定量化して、血管面積、周囲長、組織面積あたり密度といった複数の測定値を生成します。

詳細

主観とばらつきを除去

微小血管を手動でレビューすると本質的に主観が入り、観察者間/観察者内のばらつきが出ます。Aperio Microvessel Analysis Algorithmを利用すると、データは定量的かつ標準化され、また再現可能となりますので、一貫した結果が得られます。

検体ばらつきのコントロール

入力情報をコントロールできますので、組織調製および染色のばらつきを調節可能です。最小および最大の染色閾値を設定し、完成部分的な血管周囲長を完了させ、および血管断片を継いで、組織内の血管の本当の数を確認します。

染色を正確に指定

Aperio Microvessel Analysis Algorithmは、カラーデコンボリューションを使用して、組織内の微小血管を染色する色原体を検出します。本アルゴリズムは染色の正確なRGB値の同定に役立ち、スライド上での正確なデコンボリューションの機能が確保されます。

必要な詳細情報を入手

出力情報は詳細かつ定量的ですので、スライドに関する包括的なデータセットを入手できます。異なるマークアップマスクを表示して、異なる方法で結果を閲覧できます。また、血管周囲長、血管面積、内腔面積、および合計冠血管面積を含む、必要なデータの出力ヒストグラムを閲覧できます。

主なダウンロード

 パンフレット (pdf)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

Aperio RUO (Research Use Only) Image Analysis Algorithms have been validated by Leica Biosystems for use with .svs images from Aperio AT2, Aperio CS2, and Aperio VERSA scanners. Use of Aperio RUO Algorithms with other available scanners has not been validated, and Leica Biosystems cannot train or support customers in use of Aperio RUO Algorithms with images from these scanners.