Aperio Cytoplasm Algorithm – 正確な細胞内IHC解析

Aperio Cytoplasm Algorithm

Aperio Cytoplasm Algorithmでは、細胞質内のタンパク質バイオマーカーを利用して染色をモデル化および定量化できます。Aperio Cytoplasm Algorithmを利用して、細胞質特定のマーカーの染色の領域と強度を定量化します。また、染色の細胞核への転移も測定して、細胞の免疫組織化学を詳細に明らかにします。

詳細

スライド内の全画像を取得

Aperio Cytoplasm Algorithmは、核内の染色と細胞質内の染色を自動的に区別できます。タンパク質の細胞内局在性に関するこの知見により、細胞の処理をより良く理解できます。

使いやすいインターフェイス

Aperio Image Analysisアルゴリズムは使いやすさを念頭において設計されています。Aperio Cytoplasm Algorithmは、目に見える調節ウィンドウの形態ですぐにフィードバックされる直感的な設定ワークフローを採用していますので、調節を行いながら各パラメーターの効果を見ることができます。

デュアルプレックス染色の解析

研究者は、組織検体からできる限り多くの情報を得る必要があります。Aperio Cytoplasm Algorithmは対比染色を1つ、および陽性染色を最高2つまで使用可能ですので、スライドから正確で定量的なデータをより多く収集できます。

ニーズに合わせて調節

カスタマイズ可能なアルゴリズム入力により、広範にわたる多様な特定の研究用途向けのアルゴリズムを調節できます。自身の設定を解析マクロとして保存して、Aperio eSlide ManagerまたはAperio Image Analysisワークステーション内のスライドのバッチ上で簡単に再実行できます。

主なダウンロード

 ケーススタディ(PDF)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

研究用のみ。診断目的での使用不可。

Copyright © 2018 Leica Biosystems Imaging, Inc. 著作権所有。LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperioは、米国および随意にその他の国に所在するLeica Biosystems各社グループの商標です。