Aperio Color Deconvolution Algorithm – IHC染色を分離および定量化

Aperio Color Deconvolution Algorithm

Aperio Color Deconvolution Algorithmは、染色した組織画像を複数(最大3)のカラーチャネルに分離して、染色に使用した実際のカラーに対応させます。これにより、染色が同一ロケーションで重なっていたとしても、組織全体の各染色の面積および強度を正確に測定できます。

詳細

対象検体に適合

Aperio Color Deconvolution Algorithmをキャリブレーションして、組織内の色原体のうち最大3つまでと真に一致する染色カラーを同定します。正確なカラー値をアルゴリズムワークフローを通して簡単にキャプチャーできますので、解析を染色へと確実に適応できます。

染色を別条件で表示

染色のその他部分から分離させるときに色原体を表示する、デコンボリューションマークアップを選択します。または強度範囲マスクを選択して、定義の強度閾値を基に染色の発現パターンを可視化します。

信頼できるデータ

結果は標準化され再現可能ですので、検体で本物のデータを見ていると確信がもてます。詳細な出力情報には、異なる染色強度の面積、ヒストスコア、各染色成分の光学密度などが含まれます。

小さく開始、大きく想定

Aperio Color Deconvolution Algorithmは、Aperio Image Analysisワークステーション上で展開できます。手頃な価格のエントリーレベルソリューションを求める、個人研究者または小規模研究室向けの製品です。または、ハイスループット・サーバーベースの解析向けにはAperio eSlide Managerをご選択ください。

主なダウンロード

 ホワイトペーパー(PDF)  ケーススタディ(PDF)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

研究用のみ。診断目的での使用不可。

Copyright © 2018 Leica Biosystems Imaging, Inc. 著作権所有。LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperioは、米国および随意にその他の国に所在するLeica Biosystems各社グループの商標です。