Menu

Aperio Colocalization Algorithm – 複数バイオマーカー相互作用を同定

Aperio Colocalization Algorithm

複数のタンパク質の共局在を検出および測定することは、これらのタンパク質発生と特定疾患の治療の結果との相関関係の判定を目的とする、大規模な科学的研究の重要部分です。Aperio Colocalization Algorithmは、特定のタンパク質がIHC染色した組織内のどこにあるかを判定し、タンパク質がどの程度「共局在」しているか、すなわち、別個に起こっているのか互いに組み合わさっているのかを判定します。

詳細

染色を正確に測定

Aperio Colocalization Algorithmは、各色原体のすべてのピクセルロケーションでの寄与を計算します。単一染色または染色の組み合わせの表れとして各ピクセルを分類し、組織内のバイオマーカー分布についての明確な情報を提供します。

正確なカラーキャリブレーション

最大3つの染色カラーベクトルを簡単にキャリブレーション可能ですので、アルゴリズムを染色へと正確に適合できます。アルゴリズムをキャリブレーションして染色を認識し、閾値を設定して含めるカラーの範囲を定義します。

研究にフィットする解析

二重標識IHCは、独立した抗原の細胞および細胞内共局在を同定するために頻繁に利用されます。これは、より一般的な共局在解析の特殊なケースです。Aperio Colocalization Algorithmには、特殊な研究ニーズを満たすための二重標識IHC解析モードが含まれています。

視認可能でデータ主導型の結果

Aperio Colocalization Algorithmでは、すべての同定されたカラー組み合わせについての情報を含む、包括的な出力情報が得られます。これらは簡単にエクスポートまたは保存できます。解析した領域のアノテーションをマークアップすることで、目での結果確認が容易になります。

主なダウンロード

 パンフレット (pdf)

デモをご覧になりたい、または販売担当者とお話しされたい場合は...

Aperio RUO (Research Use Only) Image Analysis Algorithms have been validated by Leica Biosystems for use with .svs images from Aperio AT2, Aperio CS2, and Aperio VERSA scanners. Use of Aperio RUO Algorithms with other available scanners has not been validated, and Leica Biosystems cannot train or support customers in use of Aperio RUO Algorithms with images from these scanners.