解析-臨床、研究ニーズに合わせた画像解析

正確。再現可能。定量的。

Aperio Image Analysisは、明視野と蛍光のスライドの 自動定量評価に利用可能な使いやすいソリューションです。パワフルな画像解析ソリューションと直感的に使えるインターフェイスを組み合わせることで、特定のニーズに対応するアルゴリズムをカスタマイズすることができます。

広範にわたる学習可能なアルゴリズムのメニューを、固有な要件に合わせてさまざまな展開オプションで、ホールスライド画像、関心領域、またはスライドのバッチ上で実行可能です。複雑な染色の自動定量化により、バイオマーカー発現の解釈および個人とコホートの階層化が可能です。従来のマニュアルレビューによる主観や観察者間/ 観察者内のばらつき を排除して、組織解析の精度、標準化、再現性を改善します。

Analyze - Image Analysis for Clinical and Research Needs

Algorithm Menu

IHC
Aperio Image Analysis IHCメニューには、単一および多重組織染色の定量化のための幅広いソリューションが用意されています。
免疫蛍光
Aperio Image Analysis Immunofluorescenceメニューには、単一および多重組織染色の測定のためのソリューションが用意されています。
ISH & FISH
Aperio Image Analysisは、標的シグナルを自動的に検出およびカウントするソリューションであり、明視野および蛍光のためのオプションが付いています。
パターン認識
Aperio Image Analysisには、手動で作業するには時間がかかる、組織識別タスクを自動化するツールが用意されています。
臨床解析
Aperio Image Analysis臨床画像解析用ツールは、観察者間/観察者内のばらつきを低減しながら、臨床上の意思決定をサポートするよう設計されています。

Deployment Options

ワークステーション

実装が容易で、コストパフォーマンスのよい画像解析です。コンピューターに直接インストールされる、実績あるAperio Image Analysisアルゴリズムのパワーを活用します。IT諸経費を増やすことなく、固有の研究ニーズに合わせて、広範なAperioメニューからアルゴリズムを利用可能です。

サイト

マルチユーザー機関の多様な解析ニーズを満たします。アルゴリズムをローカルで調整して即座にフィードバックを得てから、ハイスループット向けにサーバー側で処理します。最適化したプロトコルをすぐに共有して、eSlide Managerによる共同研究を最大限にします。

Deployment Options - Multi-site

Multi-site

Enterprise-level image analysis for Hub & Spoke environments. Secure access and sharing between sites is coupled with scalable processing power to match your throughput. Extensive testing and an ISO 13485 compliant product development cycle provide the ideal platform for companion diagnostic development.