Skip to main content

免疫蛍光染色 – 蛍光免疫組織化学的画像解析

Aperio画像解析用免疫蛍光法メニューは、組織の単染色および多重染色の測定のためのソリューションを提供します。組織、細胞または細胞内レベルで蛍光標識したタンパク質バイオマーカーの発現を定量化します。アルゴリズムは様々な蛍光染料に合わせてカスタマイズすることができ、それぞれのアルゴリズムを特定の多様な研究要件に合わせて使用することができます。

Aperio RUO(研究専用)画像解析アルゴリズムは、Aperio AT2、Asperio CS2、およびAsperio VERSAスキャナーが生成した.svs画像での使用に関して、ライカバイオシステムズによる検証を経ています。他の利用可能なスキャナーでのAperio RUOアルゴリズムの使用は検証されていません。また、ライカバイオシステムズは、これらのスキャナーが生成した画像によるAperio RUOアルゴリズムの使用については、お客様のトレーニングやサポートを行うことはできません。

Image
免疫蛍光細胞定量解析 - 免疫蛍光染色の共局在を定量評価

Aperio細胞IFアルゴリズム

膜、核、および細胞質画分内のFL標識化バイオマーカーについて、最大7個まで、その部位、面積、強度、共局在を定量化します。

詳細情報

Aperio面積定量化FLアルゴリズム

各染料の面積と強度、およびチャネルの共局在を含む、組織内の複数の蛍光染料を特定し、測定します。

詳細情報

AperioポジティブピクセルカウントFLアルゴリズム

蛍光染料シグナルに基づくバイオマーカー発現を正確に測定する、使いやすいアルゴリズムです。

詳細情報

他の製品

Aperio VERSA

明視野、蛍光&FISHデジタルパソロジースキャナー

詳細情報

トレーニング教材、トレンド情報、業界リーダーによる提言などをご覧ください。

Knowledge Pathway では、特集記事やチュートリアル、ウェビナー、ケーススタディ、各種インタビューも配信しています。
*The original content is in English. Please check with your region for availability of content in your local language.