検体識別ソリューション

誤診を避けるため、しっかりと患者に検体をリンクさせます

 

取り違えは誤診につながることがあります。研究室の検体すべての身元がわかることを確実にしてください。ライカは各患者とすべての試料との安全なリンクを作成するのに役立ちます。高い視認性を備えた識別子用の高効率ラベラーを選択してください。適合試料追跡システムとワークフローを管理してください。ライカはすべての容器、カセット、スライドを、正しい症例と正しい患者に常にリンクするように役立つことでミスをなくします

研究室でミスを減らし、患者の安全性を向上させるための適切なソリューションを

[Translate to japanese:] On-demand labeling

 

バッチラベリング

集中化大容量カセットのラベリング用にLeica IP Cを選択してください。

集中化大容量スライドのラベリング用にLeica IP Sを選択してください。

検体識別ウェビナー、教育の記事や議論のための病理リーダーをご覧ください。