Leica RM2235 Sectioning

Leica RM2235 手動回転ミクロトーム

手動時のハンドホイール回転を軽快にする重力フリーシステムの採用で、作業負担を大幅に軽減しました。人間工学に基づいた設計で、作業の快適性、効率性を画期的に向上しました。


詳細情報

特許技術の重力フリーシステム

ハンドホイールは、バランサー錘を使用していないため極めてスムーズに回転します。ハンドル回転時に発生する遠心力を消去して回転をスムーズにし、チャターの原因になる振動を無くします。

試料送りとトリミングレバー

粗動による試料送りと戻し操作は、ミクロトーム左下のハンドホイールの回転で行います。
手前には2段階式トリミングレバーが設置され、パラフィンブロックの面出しとセクショニングをワンタッチで切り替えることができます。

スーパーメガカセットクランプ*

スーパーメガカセットクランプ*

カセットサイズ:最大46×66×10mmまでのスーパーメガカセットクランプをオプションで用意しています。
*ノンオリエンティング

試料オリエンテーションシステム

試料オリエンテーションシステム

精密にキャリブレーションされたクリックストップ機構と、赤いピンの上下運動で判定できる正確なゼロポジションの設定が、試料ブロックの再薄切を容易にします。

横移動式ナイフホルダーE

横移動式ナイフホルダーE

ナイフホルダーの精度を保ったまま横移動することで、クランプした替刃を解除することなく位置変更が容易にできます。あらかじめ設定された3ヶ所のクリックストップ・ポジション(左・中央・右)は、パラフィン用の標準カセットに対応します。


今すぐ設定

弊社の configurator を使って、お客様個人のご要望を満たすLeica RM2235 のセットアップを構築してください。すぐに、必要なパーツを全て買い物カート内に入れることができます。