効率性:コストの削減、処理能力の向上

高品質を維持することにより時間がさけるようになり、装置のメンテナンスに時間がかからなくなります。また、より少ない人数でより多くのスライドを染色できるようになります。ST Infinity染色システムとライカST5010またはST5020を一緒に使用することで、1枚のスライドを染色するのに必要な業務量が減少し、消耗品の購入量や廃棄量も減少します。

手間がかかりません

染色装置にかかる時間が最小化されます。全自動化で節約される時間に加え、染色液と試薬を交換する時期が予測できることで、染色液と試薬をチェックする頻度を減らすことができます。具体的にはスライド2000枚を染色するごとに染色液と試薬を交換するだけです

すぐに使用できる完成済みソリューション

キット内には開封後すぐに使用できる各種染色液と試薬が入っています。染色装置に染色液や試薬を再充填する際には、単に開封し、ボトルの中身を全てコンテナに注ぐだけです。

簡単な染色液の交換

製品はカラーコード化されているので、取り違えが起きにくくなっています。また、ボトルの容量はコンテナの容量と合っているため、試薬交換はシンプルです。キット内の染色液と試薬の交換は同時期に一括でできるので在庫管理の手間も省けます