解析-臨床、研究ニーズに合わせた画像解析

正確。再現可能。定量的。

Aperio ePathology画像解析は、明視野と蛍光のスライドの 自動定量評価に、使いやすいウェブで利用可能なソリューションを提供します。パワフルな画像解析ソリューションと直感で使えるインターフェイスを組み合わせることで、特定のニーズに対応するアルゴリズムをカスタマイズすることができます。

Aperio画像解析は、複雑な染色パターンを正確に評価するためにハイスループットの自動定量を実施します。そのため、研究者や医師は、個別と集団が層になった組織の染色を解析することが可能です。手動のレビューにつきものの主観性や観察者間/ 観察者内のばらつきを排除して、 組織解析の精度、標準化、再現性を改善します。

Algorithm Menu

Perform truly quantitative IHC biomarker expression at the tissue, cellular or subcellular level.

Quantify fluorescent staining within tissue sections, including colocalization of multiple flurophores.

Accurately evaluate in situ hybridization expression in brightfield (ISH) or fluorescent (FISH) slides.

TMA

 

自動アレイ解除により、組織マイクロアレイを手動や自動でレビューできます。

H & E

 

染色、領域の測定でのばらつきを定量化し、形態計測機能を確認します。

Deployment Options

Workstation

Easy to implement, cost-effective image analysis. Leverage the proven power of Aperio Image Analysis algorithms installed directly on your computer. With no additional IT overhead, researchers can utilize algorithms from the broad Aperio menu to match their unique research needs.

Site

Satisfy the diverse analysis needs of a multi-user institute. Tune algorithms locally for instant feedback and then process server-side for high throughput. Readily share optimized protocols for maximum collaboration through Aperio eSlide Manager.

Multi-site

Enterprise-level image analysis for Hub & Spoke environments. Secure access and sharing between sites is coupled with scalable processing power to match your throughput. Extensive testing and an ISO 13485 compliant product development cycle provide the ideal platform for companion diagnostic development.

研究用のみ。診断には使用されません。 特定の製品の表示や情報については、ここをクリックしてください

Aperio CS2およびAperio AT Turboは、ScanScope®名で登録された製品です。

著作権情報:© 2001 - 2014 Aperio.All Rights Reserved.LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperioは、米国および他国にあるLeica Biosystems Imaging, Inc. の登録商標です。