Aperio FL Capture

Aperio FL 5スライド用マルチチャネル蛍光全スライドスキャナー

Aperio FL-多重、免疫蛍光法スライドスキャナー

小型標本からさらに情報を抽出しようという欲求は、組織標本の効率的な多重化で必要性が高まっています。Aperio FL全スライド デジタルパソロジー スキャニングシステムを使用すれば、蛍光スライドの複数チャネルスキャニングが行え、研究者は標本からさらに多くの情報を取得することができます。

特許取得済みのラインスキャニングテクノロジーと高度画像解析オプションを組み合わせれば、色あせや色落ちしない蛍光スライドの永久電子コピーを取得しながら、研究者は研究成果を最大限引き出すことができます。

Aperio FLの用途:

  • 蛍光全スライド画像:組織断面とTMA、各種がん(乳がん、結腸がん、肝臓がん、膵臓がん、眼がん)のバイオメーカー発現
  • 膵臓の断面、膵臓ランゲルハンス島解析、α細胞集団とβ細胞集団、α細胞増殖と β細胞増殖
  • アミロイド班解析とバイオマーカー発現のための脳の断面

詳細情報

マルチチャネルで取得

システムに搭載のモノクロームカメラとクワッドマルチバンド パスフィルタを使用して、最大4つのカラーチャネルを活用できます。 さらに、 6ポジション フィルタキューブタレットと励起フィルタホイールにより、お客様の標本ニーズに合わせてさらに柔軟性が発揮されます。 

使いやすさ

最新式の照明、自動露出機能によって、試行錯誤の画像取得の必要性を排除して、退色を最小限に抑えます。 

色褪せない蛍光

色褪せない蛍光

これらの高解像度、多チャンネルデジタル画像を恒久的にアーカイブし、スライドガラスでの蛍光色素の退色の心配がなくなります。

組織マイクロアレイ

組織マイクロアレイ

組織標本全体あるいは組織マイクロアレイのどちらと作業するかに関係なく、Aperio FLスライドスキャナーは蛍光調査で高品質、輪郭がくっきりした、マルチチャネルの全スライド画像の再現性と標準化を向上させます。 


一部の製品はFDAの承認を受け、特定の臨床用途がラベル表示されています。ラベル表示されていないその他の製品はすべて、「研究用のみ。

Aperio CS2およびAperio AT Turboは、ScanScope®名で登録された製品です。

著作権情報:© 2001 - 2017 Aperio.All Rights Reserved.LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperio は、米国および他国にあるLeica Biosystems Imaging, Inc. の登録商標です。

人々はこちらも閲覧しました