Aperio CS2 Capture

Aperio CS2 -デスクトップから高品質デジタルスライドを取得

Aperio CS2-デスクトップから高品質デジタルスライドを取得

デスクトップで超コンパクトなAperio CS2画像取得デバイスで高い品質のデジタルスライドを作成。5枚のスライドをセットできる機能と倍率20xと40xを備えたAperio CS2は、中規模容量処理施設向けの極めて信頼性の高い装置です。

SCSの主要な用途を以下に挙げます。

  • IOCを含む期限付き手順
  • 腫瘍委員会/総合医療チーム(MDT)のミーティング
  • 外部との共有と共同研究(機関間 )
  • 内部との共同研究(ハブ&スポークネットワーク)と協力
  • eIHC画像解析
  • 委託研究
  • 組織マイクロアレイ
  • 移植片と異種移植片の免疫反応

詳細情報

品質を何よりも重視

直感で使えるユーザーインターフェースを使えば、全スライドを手際よく連続して作成することができます。デジタルスライドは、高スキャン品質と解像度を保ち、最初のスキャンの成功率は98%を超えています。

短時間で表示

Aperio CS2は記録的な速さで画像をスキャンして移動し、遠方の病理医が審査することが可能です高速1GB/秒のネットワークインターフェースで、デジタルスライドは90秒以内にeSlideトレイで審査準備が完了します。

いつでもどこでも共有

いつでもどこでも共有

Aperio CS2は、他の医療チームメンバーと協力して共有する症例を作成するのに最適なツールです。デジタルの症例とスライドの遠隔評価を通じて、従来の二次症例 の所要時間が約76%改善しました。

スペースの問題

スペースの問題

Aperio CS2は、コンパクトで省スペース、高画像品質の全スライドスキャニング装置で、机上に占めるスペースはわずか1.6平方フィートです。


一部の製品はFDAの承認を受け、特定の臨床用途がラベル表示されています。ラベル表示されていないその他の製品はすべて、「研究用のみ。

Aperio CS2およびAperio AT Turboは、ScanScope®名で登録された製品です。

著作権情報:© 2001 - 2017 Aperio.All Rights Reserved.LEICAおよびライカのロゴはLeica Microsystems IR GmbHの登録商標です。Aperio は、米国および他国にあるLeica Biosystems Imaging, Inc. の登録商標です。

人々はこちらも閲覧しました